「夜森の国のソラニ」2巻(はりかも)

夜森の国のソラニ (2) (まんがタイムKRコミックス)

夜森の国のソラニ (2) (まんがタイムKRコミックス)

あれ、夜森ってこんなに可愛かったっけ…? と、 2巻を読んでいる最中に1巻を本棚から取り出してきてしまった。実際、クールで中性的なキャラという印象が強かった1巻の頃に比べて、女の子らしい表情や服装をすることが多くなった気がする。それはやはり、作中で言及されていたように、ソラニと一緒に暮らすようになった影響が大きいんだと思う。

今回、夜森が風邪を引くと森に雨が降るという現象が明らかになる。昼森と仲違いをして以降、森の夜が明けなくなった件と合わせて考えると、名前の通り夜森が森そのものと考えて差し支えなさそう。森の夜が明けない=夜森が笑わないということだとすれば、ソラニの影響でよく笑うようになった現在、森の夜が明ける日も近いのだろうか。昼森の方は方で、ウサギの中野と良い感じになってきているし、次の巻ですんなり完結してしまうかも知れない。

そして、今回ある意味一番興味深かったのは、カバー裏の夜森雑学。ページの合間のキャラクター紹介もだが、この作品は作中の設定等を余すところなく説明してくれるのでありがたい。働く必要がなくても働きたくなってしまうのは、人間の性なんだろうか(遠い目)。