『ぽんこつヒーローアイリーン』(ぼや野) ぽんこつすぎて目が離せない、新世代ヒーロー

こんにちは。「まっしろライター」のましろです。

今まで、単行本が発売されてからその作品のレビューを書くことが多かったのですが、「発売日前」にもレビューを書いてみようと思います。

もしレビューを見ていただいて「この作品を読みたい」と思っていただけたとしても、発売日から時間が経って本屋に平積みされなくなっていたら、買うのを諦めてしまうかもしれないので。

人気作品の最新刊ならともかく、新人作家さんの第1巻とかだと特に…。



最初に取り上げるのは、こちらの作品。

「まんがタイムきらら」で連載中の、ぼや野さんの4コママンガ『ぽんこつヒーローアイリーン』

明日11月27日、単行本第1巻が発売されます。


タイトルを見たとき、実は違和感がありました。

「ヒーロー」? 確かに女性のヒーローもいるけど、この衣装なら「魔法少女」なのでは?

ただ、中身を読んでみて分かりました。アイリーンは確かに「ヒーロー」でした



「左遷ヒーロー」に「高卒無職ヒーロー」というパワーワード

f:id:mashirog:20171125162548p:plain

引用:『ぽんこつヒーローアイリーン』第1話1ページ

最初からクライマックス。


火星のヒーロー会社で働く少女・アイリーン

街で怪人が暴れているのに寝坊して遅刻しただけでなく、魔法を暴発させるというヘマをした結果、会社の上司から地球への左遷長期出張を命じられてしまう。

怪人を倒して、変身パクトにストーンを集めないと火星には帰れない。

地球で出会ったもうひとりのヒーロー・ラブリーメロン(というアニメキャラのコスプレをしている高卒無職の女性)と一緒に、街の平和を守ります。

ニコニコ静画では、ラブリーメロンを主人公にした番外編『高卒無職ヒーローラブリーメロン』も連載中です。


アイリーンがぽんこつである理由

タイトルにもある通り、アイリーンはとにかくぽんこつ。

作者のぼや野さんも使っている「ぽこリーン」つヒーローアイリーン)という脱力感あふれる略称が、それに拍車をかけます。


怪人を倒してストーンを集めるといっても、地球にそんなのいるわけがない。

一刻も早く火星に帰りたいアイリーンは、目に見えるものすべてを怪人と思い込み、ことあるごとに勝負をしかけます。


f:id:mashirog:20171125162601p:plain

引用:『ぽんこつヒーローアイリーン』第2話7ページ

ラーメンなんかに負けたりしない!→ラーメンには勝てなかったよ…。


f:id:mashirog:20171125162614p:plain

引用:『ぽんこつヒーローアイリーン』第4話6ページ

やけにこわい着ぐるみって、たまにあるよね。


絵に勢いのあるギャグ4コマとしてもピカイチですが、「どうしてアイリーンはこんなにもぽんこつなのか?」を考えると、この作品の持つ別の一面が見えてきます。

アイリーンは、「戦う」ことしか知らないんですよね。

彼女が住んでいた火星は、怪人が大暴れしているせいで気候にも影響が出ているという、結構ガチでやばい環境です。

だから、平和な地球に来ても落ち着かず、常に気を張っている。


『ぽんこつヒーローアイリーン』は、ヒーローとしてはまだまだ未熟なアイリーンが、少しずつ真のヒーローに成長していく姿を描いた物語でもあるのです。

「ヒロイン」や「魔法少女」というタイトルでは、おそらくこの読後感は得られないでしょう。


怪人を倒すよりも大切なこと

アイリーンの持つ変身パクトは、実は「誰かの役に立つ」「誰かに感謝される」ことでもストーンが集まる仕組みになっています。

怪人を倒すだけがヒーローの仕事ではないことをアイリーンに学ばせたいという、上司の心配りでした。

(併せて、本当に厄介払いされた可能性も否定できませんが…)


f:id:mashirog:20171124131813j:plain

引用:『ぽんこつヒーローアイリーン』第13話7ページ

どんなタイミングかは、単行本でのお楽しみ。


そんな上司の真意など知るはずもないアイリーンは、子どものケンカを仲裁したときなど、「思いがけない」タイミングで集まってくるストーンに戸惑います。


「ずいぶんと楽ちん仕様だな」「でもなんかそれって…それって…」


怪人と戦いたいという想いとは裏腹に、地球で普通に暮らしているだけで、勝手にどんどんストーンが貯まっていく。

それはつまり、アイリーンは無意識のうちに人の役に立とうとしている、「ヒーロー」の素質があるということに他なりません。


地球に派遣された本当の理由にアイリーンが気づくのは、当分先のはず。

読者にとっては、むしろちょうどいい。本人には悪いですが、それまでは存分に彼女のぽんこつぶりを楽しみ、「がんばれ」と声援を送りましょう。

完全無欠なヒーローであれば、応援する必要などないのですから。