ブラウザ上で文字数をカウントしたいときに便利なChrome拡張機能3選

こんにちは。「まっしろライター」のましろです。


これ、ブロガーやライターあるあるだと思いたいのですが…。

他の人が書いた記事の文字数って、数えますよね?

「え、数えてるの? キモッ…」と思った方はすみません。いつも数えてます(何)。


今までは、テキストをコピーしてサクラエディタにペーストしたり、「文字数カウント」というサイトで文字数を調べていました。

ただ、もしかしてGoogle Chromeの拡張機能にそういうのあるんじゃないの? と思い探してみたところ、結構見つかりました。

その中で、特に便利だと思ったものを3つピックアップしてご紹介したいと思います。



正確な文字数をカウントしたいなら「文字数カウンター」

chrome.google.com


記事を書くために、似たような機能を持つ拡張機能を10個ほどインストールしてみた結果、これが一番自分のイメージに合っていました。

文字を選択して右クリック→コンテキストメニューの「文字数カウンター」をクリックすると、ポップアップで文字数が表示されます。


f:id:mashirog:20171127143100p:plain


f:id:mashirog:20171127143359p:plain


何が良かったかというと、「文字数だけ」を正確にカウントしてくれるところ。

他の拡張機能は、改行コードなども文字数としてカウントされてしまうのが多かったんですよね。

改行の多い記事だと、100字くらい本来の文字数より多く表示されたりするので。


クリックするのが面倒なら「Form Text Counter Badge」

chrome.google.com


こちらの拡張機能は、文字を選択するだけで、ブラウザの右上の部分に文字数が表示されます。

ただし前述の通り、改行コードなども文字数に含まれます。


f:id:mashirog:20171127144144p:plain


また、メールフォームなどの入力フォームであれば、フォームの中をクリックしただけで文字数をカウントしてくれます。


f:id:mashirog:20171127144648p:plain


残念ながら、Twitterのツイート欄は普通の入力フォームではないせいか、クリックしてもカウントされないようです(文字を選択すればカウントされます)。


複数ページのテキストの文字数をカウントしたいなら「文字数カウンタ」

chrome.google.com


上2つで紹介した拡張機能は、すべて「選択した文字数をカウント」するものです。

文字数を調べたい記事が複数ページにまたがっていたりする場合は、この拡張機能がおすすめです。


インストールすると、アドレスバーの右側に「もじ」というボタンが追加されます。

このボタンを押すと専用のポップアップが出てきて、そこにテキストをコピー&ペーストすれば文字数が表示されます。

また、「文字数カウンター」と同様、改行コードを除いた正確な文字数がカウントできます(拡張機能の名前が似すぎというツッコミはなしで)。


f:id:mashirog:20171127144929p:plain


ポップアップ内のテキストはブラウザを閉じるまで保持されるので、複数ページの記事のテキストを順番にコピペしていけばいい、というわけです。

やっていること自体はサクラエディタなどにコピペするのと同じですが、ブラウザ内で完結するという点でのメリットはあると思います。